サッカーベッティングのベッティングのコツ & 資金管理

サッカーベッティング

サッカーの専門家が皆さんにベッティングのコツを教えます。そして対戦相手やそのキープレーヤに関してメディアが最新ニュースを出版し、ブックメーカーは何百もののベッティング方法をサポートします。ですが、最終的に勝つこと間違いなしチームに大金を賭ける時は、祈りの開始時間となります。残念なことにサッカーの世界はかなり予想外です。何千もの要因が我々に働くのです。 この記事では、ベッティングの資金管理の方法と戦略を概説して欧州トップリーグのベッティングオッズや試合結果に基づいてパフォーマンスを統計的に比較します。 今日、最も一般的なベッティングの資金管理戦略は:マーチンゲール、数字の羅列 、ケリー基準です。最初のふたつでは事前情報は不要ですが、ケリー基準は勝利の確率を知るためにパンターを必要とします。 定義 パフォーマンス分析紹介前に、上述の戦略に関して簡単な説明が必要です: マーチンゲール戦略とは、損失後にスタックを倍にして、勝利後に開始スタックに戻るということです。この戦略は現在一番人気で、ポジティブな利益を約束しますが、かなりの資金投資が必要です。 数字の羅列とは、連続してコンスタントな利益をあげる計画のことです。ベッティングオッズを与えられ、パンターは計画した利益を上げることができるような方法でそれぞれのステークを計算します。負けた場合には、利益がすでに負けた資金と負けたゲームの計画した利益の両方を戻せる方法で次のスタックを増やさなければなりません。この戦略はマーチンゲールよりも積極ですが、なおも危険なものです。 ケリー基準:数学的にロングランでは最高の戦略であると証明されています。ですが、勝利の確率を知ることが必要となります。スタックは資金規模の割合と、勝利の確率とベッティングオッズ間の関係に従って計算されます。確率とオッズが高い時にはスタックが置かれ、逆の場合も同様です。 データと方法 各戦略のパフォーマンスを査定するために、欧州トップリーグのブックメーカーが設定するベッティングオッズを解析してみました。そのブックメーカーは、最低限のベッティングオッズがある本命にステークを置くパンターであると想像してみてください。シーズンの合計試合数で、ホーム/ドロー/アウェイの結果の平均数を割って、勝利の確率を簡単に査定することができます。 ベッティングオッズと結果は、2019/2020年のシーズンでプレイする欧州のトップ4リーグのものです:English Premier、French Ligue 1、German Bundesliga 1、Spanish Primera Divisionです。 概要 — 結果は、+1% (数字の羅列)と+1.2% (マーチンゲール)と比べて、平均利益 +5%で、ケリー基準が3つの中で最高の資金管理戦略であることを示しています。 — 一番儲けが多いのはFrench Ligue 1でした。ベッティングの利益は+22% (ケリー)、 +9% (数字の羅列) 、 +10% (マーチンゲール)でした。 — 一番儲けが少なかったのはEnglish Premierでした。ベッティングの損失は、-10% (ケリー) 、 -9% (数字の羅列)、-8% (マーチンゲール)でした。